· 

熱中症・夏バテ予防…夏の養生法

今年の夏もすごい暑さです。
もう夏の挨拶は「熱中症に気をつけて」になった感があります。
マスク生活で息苦しさ、暑苦しさも加わってしんどさ増し増し…。
元気に夏を過ごすにはかなりコツが要る世界になっています。
熱中症対策としては、
・暑いところに長時間いない
・室温は27度程度に調節
・寝る時も室温調節
・こまめに水分補給
・汗をかいたら塩分を補給
マスクが暑くて耐えられない人は、中医学の「湿熱」体質の可能性が大。
肉、揚げ物、酒、ニンニク、辛い物好きは身体に余分な熱がこもって暑がりです。
汗臭いとか、わきがなど体臭が強いタイプでもあります。
食事に気をつけ、マスク着用がんばりましょう!
夏バテ対策は食べ方がポイント。
胃腸を冷やすと消化力が落ち、バテやすくなります。(太りやすくもなりますね)
基本は、温かいものを三食しっかり食べること。
料理がめんどくさい人は具だくさんの味噌汁がおすすめ。
食べる時にすり胡麻を一匙かけるとそれだけでスタミナ食です。
冷たいものは食後のデザート程度にして、食べすぎないこと!
とはいえこの暑い中、気力体力限界なのに養生まで手が回らんよ…
というのもよくわかります。
そういう人ほど、漢方薬や健康食品が必要なタイプ。
いつでもご相談くださいませ。