· 

睡眠と卵子の関係

寝るのは12時過ぎが当たり前になっていませんか?

子宝相談のお客様に「質の良い卵子づくりには睡眠の質がとても大切です」とお話する事が多いです。

 

女性ホルモンの多くは深い睡眠時に生成されるようになるのでホルモンバランスが乱れてるかも…と思っている人に大切なのは身体に優しい快適な睡眠=「長さ」より「質」が大切!

深い睡眠を促すメラトニンホルモンが最も分泌される時間は夜の10時~深夜2時なので、この時間の熟睡時間が長いほど女性ホルモンにも良い影響を与えます。

 

そこで「熟睡出来ない」という人にオススメ習慣を3つ紹介します

 

① 朝食を摂る

 朝の食事は身体を目覚めさせる働きがあります。手軽にでも食べる事で、体内時計を正常に整え夜は眠りやすく!

 

②夕食・入浴の時間

 体温の落差で眠気を感じます。体温を上げる夕食・入浴は眠る1~2時間前が理想的!

 

③寝る1時間前にはテレビ・スマホを控える

 光がメラトニンの分泌を控え睡眠の妨げに!どうしても必要な時は室内の照明を下げると、リラックスします♪

 

ちょっとした習慣で笑顔が増えますように…(*^^*) 

    

(登録販売者 勝俣)