質の良い睡眠のために

胃腸に食べ物がたくさん入っている状態で睡眠を取ると、
・翌朝疲れがとれない
・胃腸の不調
・不眠
・便秘、下痢
・うつ
・肌の調子が良くない
などの症状の原因となることがあります。
午後10時〜午前2時までの時間帯は、体の休息に向けて「修復工事」や「補強工事」が活発に行われる時間帯で、睡眠のゴールデンタイムと言われています。
この時間帯には、体の修復に必要な様々なホルモンが1番活発に分泌されており、このホルモンによって、日中に使った筋肉や内臓をチェックし、故障や破損したところや寿命で交換の必要な場所を修復しています
ところが、この時間帯までに食事を消化し、吸収を終えていなければ充分にホルモンなどの恩恵を受けることができなくなってしまいます。消化吸収を行う前に睡眠に入ってしまうと、食べものからの栄養素をうまく吸収できなくなってしまうためです
最近の傾向では、食べ過ぎたり、夜遅く食事をとって寝てしまうという方が増えているように思います。そのために夜の睡眠が妨げられ、寝てる間の「体づくりのリズム」をくるわせている可能性があります。
一般的に、口から入ったものが消化され、体の栄養として吸収されるために最低4〜5時間はかかるとされています。そのため、遅い時間帯に食事をとるということは、食べものから栄養素を充分に補えなくなるということになります。さらに、胃腸の中で未消化のものは「食積」として、腸内細菌のバランスを崩す原因ともなってしまいます。
どうしても食べ過ぎてしまう、食事が遅い時間になってしまうという方は、
胃腸の働きを助ける「晶三仙」などの消導剤(消化促進)をうまく使って、胃腸における消化・吸収を助けてあげると良いでしょう。
晶三仙は、山楂子、麦芽、神麹を原料としています。
山楂子・・・肉類など脂っこいものの消化に。
麦芽・・・ご飯やめん類などデンプンの消化に。
神麹・・・(植物性発酵物)お酒や未消化物の消化に。
晶三仙を夕食後に補助的に飲むことで、体の健康維持につなげていきましょう。