· 

体質別ダイエット

美味しいものの誘惑が多い現代です。

「痩せたい」と、多くの方が思われていることでしょう。。。

そして、運動や食事制限、サプリメントなど、何かしらの方法を試されたことがあると思います。

中医学では、「太る体質」の原因をみつけ「健康的に痩せる体質」へシフトしていくことをサポートします。

目標は「モデル体型」ではなく、「あなたにとってベストな体型」です。

健康的になると余計なものが落ち、結果的に痩せていく。ついでに身体の不調もとれるかも。

 

結局、「健康」が一番美しいのです♪

 

 

 

「太る」のは、「何か余計なものが溜まっている」可能性が大!

あなたはどのタイプ?(✔が多いほど、その傾向が強いです)

 

気滞(きたい)太り

 ✔イライラしている

 ✔お腹が張る

 ✔のどに何か詰まった感じがある

 ✔下痢、便秘が両方ある

 ✔月経不順

 ✔暴飲暴食でストレス解消

 

「気」の滞りが原因。考えすぎる傾向や、ストレスが多い方が多いです。身体を動かすとスッキリするはず。漢方で、気の巡りを整えながら、軽い運動を日々取り入れましょう。

 

 

痰湿(たんしつ)太り

 ✔むくみ

 ✔軟便、下痢

 ✔いつも身体がだるい

 ✔暑がり

 ✔喉がかわく

 

「痰湿」という、余分な水分の滞りが原因。冷たいものをガブ飲みしていませんか?水分をとっているのに喉が渇くのは、水分代謝がうまくいっていないから。漢方で水分代謝をサポートして、余分な水分を流し、必要な潤いはキープできるように体質改善していきましょう。

 

瘀血(おけつ)太り

 ✔肩こり、首コリがひどい

 ✔肌のくすみ、シミ、そばかす

 ✔頭痛、生理痛がひどい

 ✔手足が冷える

 ✔コレステロールが高い、糖尿、高血圧

 

「血」の滞りが原因。血液がドロドロして流れが悪くなると、新陳代謝が低下してしまいます。すると利用されなかった糖や脂肪がさらに溜まるので、瘀血が悪化して、、、というスパイラルに。漢方で、血流を良くしていくと、身体が軽く感じるようになり、冷えや生理痛、肌のくすみがとれ、トーンも明るくなってきますよ。

 

 

一方、「不足」が原因で「太る」ことも。

気虚(ききょ)太り

 ✔疲れやすい

 ✔低体温

 ✔筋肉がつきにくい

 ✔風邪をひきやすい

 

「気」が不足し、エネルギー代謝が落ちている状態です。睡眠不足やビタミン・ミネラルなどの栄養不足はありませんか?エネルギーの代謝が落ちると老廃物の排泄もスムーズにいきません。漢方で「気」を補いながら、生活習慣も見直してみましょう。

 

 

 

まずは、自分の身体がどんな状態で、なにが必要なのかを知ることから。

気になる方はご相談にいらしてみてくださいね。

 

樋口