· 

生活の養生

漢方相談で「疲れ」「だるさ」のお悩みで来られた方に、

まずはこちらの質問をしています。

 

「食事はバランスよく食べられていますか?」

「夜はぐっすり眠れていますか?」

 

すると結構な確率で、みなさん言葉をつまらせます。。

 

「最近野菜食べてない・・・」

「何も食べない日もある・・・」

「夜更かししてしまって・・・」

 

解ってはいるけど!!

・・・・心の声が聞こえてきます。

 

このような場合、生活習慣の改善が必須です!(例外ももちろんありますが)

 

心当たりのある方は、

まずは「快眠」「快便」「快食」を目標にしてみましょう。

 

  

 

①快眠

 

 

実は漢方では睡眠の時間そのものだけでなく、時間帯も大事にします。

とくにゴールデンタイムといわれるのは23時から3時の間。

その間に熟睡することが理想です。

つまり、10時ごろには布団に入りたいですね。

 

 この時間は肝胆の経絡が活発になる時間帯。

この時間に全身の血液は肝に集められ、キレイにされてから、また全身に戻っていきます。

この時間に行動すると、血液は肝に集められるどころか消耗してしまい、血の不足(血虚)の症状につながります。

 

毎日は無理でも「せめて週に1度」とか、「せめて12時を過ぎないようにする」とか、

なるべくこの時間帯を睡眠のために確保してみましょう。

 

 

②快便

 

「すっきり出ない」「形にならない」「便がでにくい」「コロコロしている」「臭いがキツイ」「排便すると疲れる」

などなど、快便ではない症状はありませんか?

 

目標はバナナ1本分くらい、すっきりでること。

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動は、消化管の刺激にもなります。

お腹のマッサージもおすすめです。

食物繊維もうまく取り入れましょう。

 

③快食

 

 

基本は腹八分目。

食べた後に「もたれない」「眠くならない」程度です。

食事の比率は穀類4~5割:野菜4割:動物性のもの1~2割を目安にすると良いです。

 冷たいもの、脂っこいもの、甘い物のとりすぎにも注意しましょう。

季節の食材を取り入れられるとよりいいですね。

 

そして、忘れがちですが、

ゆっくりとよく噛むことも大切です。

 

 

 

 

まずは生活習慣の見直し。

それでも改善しない時には、漢方相談にいらしてみてくださいね。

 

 

樋口