· 

肌トラブルと体質

 

「皮膚は内臓の鏡」

皮膚の状態は、身体の内側の状態を現している、と考えてみてください。

 

胃腸の状態はどうですか?

めまいやフラつきはありませんか?

疲れやすくはないですか?

月経は順調ですか?

 

 

化粧水を変えてみても、パックしても

解決しない肌トラブルでお悩みの方は、体質を見直してみましょう。

 

  

カサカサ肌で、ひどいと落屑がある方

くすみやクマが気になる方

吹き出物がたくさんできる方

唇が乾燥してリップクリームが手放せない方

赤みや痒みがある方

水疱ができやすい方

などなど、

 

皮膚トラブルは、身体の内側からの不調サインかも。

 

 

簡単に、皮膚トラブルで多いタイプをご紹介⇓

 


カサカサ乾燥タイプ

 

血液などの潤い不足か、血流が悪いために皮膚を滋養できないタイプ。皮膚のバリア機能が低下し、敏感肌や痒みとして現れることも。

 

 

 

中医学的な対策

 

スキンケアで保湿しながら、身体の内側から潤す漢方薬がオススメ。場合によっては血流を良くするものと併用も。

ジュクジュク水湿タイプ

 

水分代謝が悪いことが多い。

掌蹠膿疱症、アトピーにも多い。ひどいときには浸出液が止まらなくなることも。

 

 

 

 

中医学的な対策

 

水分代謝が滞っている部分(胃腸など)をケアをしながら、身体の水分調整をする。

赤みが強い熱タイプ

 

身体に熱がこもっている可能性がある。便秘やストレス、辛いものの過食などの見直しが必要。

 

中医学的な対策

 

身体にこもっている熱を冷まし、熱を溜め込まないようにコントロールしていく。

くすみやクマ(瘀血)タイプ

 

くすみやクマ、皮膚のざらつきや色素沈着は、血の滞りが原因のことが多い。体質とたばこなどの生活習慣の影響も大きい。

中医学的な対策

 

血流をよくして皮膚に酸素や栄養が行き届くようにしていく。



 

 

 

1つのタイプだけの人もいれば、

2つ以上のタイプが組み合わさって症状がでてしまう人もいます。

 

実際に見てみないと判断が難しいので、皮膚でお悩みの方は

ご来店でのご相談がおすすめです。

 

お悩みの症状の改善に加え、

「化粧ノリが変わった」

「選ぶファンデーションのトーンが上がった」

などのご実感が嬉しいとのお声も頂いています。

 

漢方で本当の美肌づくりを目指しましょう。

 

 

 

(樋口)