これから流行り始める風邪の話

みなさま、こんにちは。
イスクラ漢方堂の今井です。

今日みなさんにお話したいのは風邪の話。
誰もが1回くらいは引いてしまったことがある「風邪」です。

これからの季節は日増しに風邪にかかる人が多くなってくるのですが、そもそもなんで風邪って寒くなってくると引きやすくなるの?って思いませんか。

その答えは、温度と湿度の問題。

湿度が下がると、空気中に細菌やウイルスが飛散しやすくなりますが、それよりも困ることは、皮膚や粘膜が乾燥してしまうこと。

漢方の考え方を使って説明すると、体表は「衛気(えき)」と呼ばれる体を防御する気で覆われていて、細菌やウイルスから身を守ってくれています。
この衛気は潤いの成分である津液(しんえき)から作られているので、乾燥が進んでしまうと衛気の力が落ちてバリア機能も弱まります。
すると、健康だと体に取り込まれてもすぐに排除されるウイルスや細菌が体内で増殖し、結果的に体の中では炎症反応が起こるのです。

さらに温度。

気温が下がると、体を温める働きをする陽気(ようき)の動きが内向きになり、力もだんだん弱まってきます。
すると、免疫反応は低下して、体内に入ってきたウイルスや細菌の増殖を抑えることができなくなります。

そして、なんかノドの調子悪いなぁ、ってところから回復せずに、風邪を引いてしまうんですね。

そう、秋冬は風邪菌にとっては、

やっふぉ~


と雄叫びをあげてしまうほどに、喜ばしい季節だったりするのです。

さて、風邪の引き始めといえば葛根湯が有名ですが、なんでもかんでも葛根湯が効くわけではありません
葛根湯が効くのは、風寒という寒さからきている風邪。
寒い冬とはいえ、現代は防寒着もありますし、建物の中に入れば暑いくらいに暖房がついていますので、寒さの風邪ではない風邪にかかっていることも多くみられます。

漢方では、寒さの風邪のほかにも、熱の風邪、湿の風邪、乾燥の風邪などがあって、それによって漢方薬も使い分けます。
葛根湯を使ってみてもし効かなかったら、それは風邪の種類が違っている、ということですね。
風邪かなぁ…と思ったらいつでもお越しください。

 

日々の健康情報発信はこちらのTwitterから。