漢方相談で大切な舌診について

みなさま、こんにちは。
イスクラ漢方堂の今井です。

今日はみなさんに知っていただきたい舌診についての話です。

漢方相談ではしばしば舌をみせていただき、その舌の状態から体質やその時の体のバランスの乱れを推測します。
こういう言い方をすると、何かの占いの類ではないかと思われる方もいるのですが、舌を観察することは、望診と呼ばれる漢方の理論の上に成り立っているしっかりとした考え方からきています。

では、舌で何がわかるか、ということなのですが、

①冷えているのか、熱がこもっているのか
②素体が元気なのか、虚弱なのか
③老廃物が溜まっているかどうか
④血の巡りが悪いかどうか

など。

結構いろいろわかりますよね?

注意していただきたいのは、舌ブラシをしている方は正確な舌の状態はわからないということです。
舌ブラシが絶対ダメというわけではありませんが、正確な体の状態がわからなくなってしまうので、漢方相談を受ける前にはやめておきましょう。

舌美人は健康美人!?

ということで、体の健康は毎朝の舌チェックから始めてみるのもおすすめですよ。
舌の見方が知りたかったら、お店で聞いてくださいね。

 

日々の健康情報発信はこちらのTwitterから。